スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

「疾風 Hayate Basement Fight」

スカパーの東映チャンネルでやってた「疾風 Hayate Basement Fight」(出演:松田悟志・大谷充保・吉岡毅志)を見た。
何と同時にメイキングも放送していて、得した気分。
この作品は一昨年の11月に撮った作品で、全編ファイトシーンの連続。
役者は吹替えやワイヤーを使わず己の肉体で表現。
飛び飛びの日程だったけど、約一ヶ月の間にアクションの稽古から始まり立ち回りをキッチリ仕上げて撮影現場に挑みました。

今、見ると・・・うーん・・・。
当時の状況を考えるとベストを尽くしました。
Bキャメ映像を使えなかったのも痛い。

僕が思うにアクション作品を撮りたいなら、主要キャストはもっともっと稽古しなきゃダメぢゃないのかな???!!!って感じます。
出来る事ならアクションの出来る人間をキャスティングして欲しい。
「マッスルヒート」の現場でケインは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。
それは、日々鍛錬しているからなせる業。

キャスティングが決まってから2~3回稽古してもね!?アクションシーンがある役なのに不安は無いんでしょうか?それが不思議です。
2~3回でも稽古するならまだマシか・・・。

Bruce Lee先生は言いました。
一、自己の体験を探り
二、ためになるものを吸収し
三、不要なものを捨て去り
四、自分ならではのものを付け加える

スポンサーサイト
23 : 55 : 05 | 過去の関連作品 | TB(0) | Comment(5) | UP↑

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。